③補聴器相談はどこへ?

補聴器店編

前回の話では、補聴器を考えた時にまずは「耳鼻科」へ行く場合の内容でした。

今回は、もう初めから「補聴器店」へ行く場合の内容となっております!


目次
・初めに
・禁忌八項目
・販売形態
・資格

・施設設備

ーー初めにーー
補聴器店といっても専門なのか兼業なのかなどと種類があり、意外と街には「補聴器」ののぼりがたっています。

どんなお店を選ぶのがいいのでしょうか(´・ω・`)



ーー禁忌八項目ーー
耳鼻科へ行くのは治療の有無をみてもらうためでしたが、補聴器店では治療は出来ません。


しかし、中には治療の必要性がある場合もあります。
例)突発性難聴、中耳炎や耳垢塞栓など



そのようなケースを発見するために「禁忌八項目」というものがあります。


具体的な内容は、下記を参照してください。http://www.jhida.org/pdf/kensyo/kinki8_h29.pdf




ここをしっかりと確認しているかどうかも、お店の判断基準となると思います。





ーー販売形態ーー
補聴器販売店にも、補聴器専門であったり眼鏡などとの兼業であったりと種類があります。


ここは補聴器を考えている方に、どのような要望があるのかを明確にして選ぶと良いと思います。

例)
・眼鏡も一緒に購入したい
・外に出るのが困難だから訪問での対応が良い
・専門店が良い





ーー資格の有無ーー

目安の一つとして、資格の有無もあります。

具体的には2つあります。

①補聴器の業務に4年以上携わっている場合に取得可能な「認定補聴器技能者(民間資格)」


②大学や専門学校を経て受験可能となり、聴覚や言語などに関係する医療分野で働くために必要な「言語聴覚士(国家資格)」

上記のような資格がある事で、ある一定以上のレベルがあるという目安となります。
※あくまでも目安です。


ーー施設設備ーー


資格とは別に、『設備がしっかりある』という事も目安としてみてください。

その設備は、補聴器が実際にどのような音を出しているのかという事や、実際に補聴器は(装用者に)どの程度の効果が出ているか等を測定できる設備の事を言います。
※目安です。設備があっても使っていない、使いこなせていなければ無いのと同じです。


といっても、パっと見てもわからないと思います。そこで、ある一定の設備を持っていて審査を通過した店舗では、「認定補聴器専門店」というステッカーが貼ってあったりします。
お店に行った際には、注意深く観察してみてください(^_-)-☆
今回はここまでです!!
ちなみに当店は、認定補聴器専門店ではないけれど、補聴器の効果を測定することは可能です。そして、「認定補聴器技能者」と「言語聴覚士」を持っています。※アピールです('ω')


最後まで見て頂きありがとうございました!!!

2020/7/1
長洲ヒアリング
兵庫県尼崎市長洲東通1-9-32 2F-B
090-2704-3317

魅せる補聴器

カスタムモールド
オーダーメイドの補聴器用耳せんです。ご希望のデザインが作成可能か相談することができます。この世に1つしかない自分だけのイヤモールドを作ってみませんか(^_-)-☆
HAデコチップ
補聴器本体に取り付け可能なデコチップです。耳に掛けるタイプの補聴器なら目立つこと間違いなし!一気にお洒落に早変わりです(^_-)-☆

取扱いメーカー